【インタビュー】こんな場所でグランピング?格納庫の屋上のラグジュアリー

放棄された格納庫の屋上に、豪華なグランピングリゾート?

近くのNordisches Zentrum Loipe Gomsには、手入れの行き届いたクロスカントリースキーのコース、冬のハイキングコース、天然のスケートリンクもあります。

さらには居心地のいいインテリア。

聞いているだけでワクワクしてきますが、Hans&Ulrichではそれだけじゃない体験が待っているようです。

目次

Q.どうしてグランピング施設を作ろうと思ったのでしょうか。

グランピングは私たちのライフスタイルそのものです。

私は、自分自身の世界観に包まれた空間を作って、そこへゲストをお招きすることを夢見てきましたし、常にグランピングを本当にユニークな体験にしたいと思っています。

他にも、夏のグランピング向けにスイス・シャレー(山小屋タイプの宿泊施設)も持っています。

Q.どうして放棄された格納庫の屋上にリゾートを作ろうと思ったのですか?

ここって、本当に非日常的なんです。誰もやったことがないからというのと、個性的な立地だからという理由です。

格納庫のオーナーが私のアイデアに熱く賛同してくれたので、私はラッキーでした。

彼への感謝の気持ちから、オーナーの名前から施設を「Hans&Ulrich」と名付けました。

Q.どうしてジオデシックドームを採用しようと思ったのですか?

ここの冬はとても厳しいので、安全で安定した移動式住居を探していました。

今のところ、このエリアでジオデシックドームを採用しているのは私たちだけです。

Q.SNSで活発に活動されていますが、詳細なプランがあっての活動ですか?それともただ流れに乗っている感じですか?

そうですね、SNSには今でも取り組んでいます。

どっちも、が答えですね。

計画がありつつ流れにも乗る、と。

Q.FDomesの製品とサービスに対する評価はいかがですか?他の人におすすめできますか?

素晴らしいですよ、他の人へおすすめもできます!

あと、寒い気候の地域でグランピングを始めようとしている方には「極寒地仕様 断熱内張りライナー」を最初から付けることをおすすめします。

私たちは最初にこれを買わなかったのですが、絶対あった方がいいと思います。

施設データ

Hans & Urlich | Ulrichen, Switzerland

場所スイス
使用ドームスノーホワイト
webサイトwww.hansundulrich.ch/
Instagramwww.instagram.com/hansundulrich/
目次
閉じる