重量フレームはどういう場合に採用したほうがいい?

前述したように、外幕の上に大量の雪が積もって凍結する可能性のある地域では、頑丈な枠組みが必要です。
さらに、風速が毎時100kmを超える風が吹く傾向がある場合は、頑丈な枠組みをお勧めします。
敷地内に極端な気象現象が発生しにくい場合は、追加のフレームワークを強化する必要はありません。
詳しくは「フレーム」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました