Fドーム・クラシックについて

ここではFドーム・クラシックについてのご質問をまとめています。
英語サイトからの抜粋・拙訳です。

Q. どういうシーンで使える?

屋外の居間として

ガーデンスタジオ、オフィスポッド、屋外スパ、子供用プレイグラウンド、裏庭の保管庫など。
F.Domesのジェオデシックドームはあらゆる用途に素晴らしい環境を提供します。すばやく簡単な組立のおかげで、シンプルながら丈夫で外観も美しい屋外構造を求める方に人気があります。

温室のドームとして

温室、冬の庭園に。家庭菜園を作ったり、屋外の植物をドームに移動することで寿命を伸ばしたりできます。小さなF.Domesの温室は裏庭での使用には最適で、大きなキットは果物や野菜の栽培を希望する学校や地域社会に最適です。

家族でのイベントに

大規模なパーティーをするのに十分なスペースが自宅にはない?だったらお庭にドームを造り、ゲストを100人でも招待してください。でも、ご注意を・・・ゲストはみんな、お宅のお庭での次のパーティーを楽しみにしています!

バー/カフェテリア/ラウンジとして

お客さんを迎えるための一時的/半永久的なスペースは、F.Domesジオデシックドームキットで簡単に作成できます。期間限定のレストランを開く計画ですか?既存の場所を拡大して屋外テラスを作りたいですか? F.Domeはすべてのケータリングニーズに応えます。
     

販売/情報ポイントとして

当社の最小のドームキットは、ベーシックかつ丈夫なシェルターを持ちたいというマーケティングの方々に高い評価を得ています。F.Domesは、混雑した場所でのポップアップショップや、フェスティバル中の一時的な販売/情報ポイントとして役立ちます。

展示ブース/展示スタンドとして

ユニークなデザインで潜在的な顧客をブースに引き付けることができます。ドームは全て数時間以内に組み立てられ、お客様に愛される環境を作り出すことができます。

スポーツクラブハウスとして

高価な投資、建物の許可取得、計画立案に何週間も費やす必要はありません。代わりに、F.Domes ジオデシックドームの内側にゴルフコースのクラブハウスを作りましょう。

緊急シェルターとして

簡単に輸送でき、迅速に組み立てられるジェオデシックドームキットは緊急シェルターとして完璧です。ドームを保管するのに必要なスペースをお持ちの方に人気です。

救護施設として

ジェオデシックドームキットは、一時避難家族や救急隊員のための携帯医療センター、教室、補給所、キッチン、倉庫、避難所としても使用できます。自然災害の状況で迅速な援助を必要とする人々の救済に非常に価値があることが分かりました。

屋外ケージとして

特別な鳥用のネットは要望に応じて利用可能で、エキゾチックな鳥、家禽、犬、猫、爬虫類などのために幸せなおうちが作れます。動物はF.Domeが大好きです。

ヨガ/ヒーリングドームとして

ジェオデシックドームのスピリチュアルな幾何学的フレームワークは、瞑想やヨガの教室やの個人的スペースを作るのに最適です。

Q. クラシック・ドームキットに含まれるものは?

  • 文字コード付きのフレームワーク用支柱
  • ネジ、ワッシャー、キャップナット(+スペアパーツ)
  • ネジとナット付属の鋼構造脚
  • スチール入口アーチ(4分割)
  • 通気孔付き外幕
  • 外幕ストレッチシステム:ファスナーとフックを備えた弾性ロープ
  • 外幕・ジップ・ドア+アタッチメント・ストラップ(スペア・ストラップ含む)
  • アンカーキット(スチールグランドピン)
  • 5xアイボルトのセット(ドーム内に何か吊るすのに便利)
  • F.Domes完全ツールキット:
    • M12マニュアルレンチ+ M12六角スパナ
    • M8マニュアルレンチ+ M8六角スパナ
    • カバーを引っ張るためのフック付き3xまたは5xロープ(ドームサイズに応じて)
    • 外幕クリーニングクロス
    • ユーザーガイドとインストールマニュアル+フォト&ビデオチュートリアル

Q. 自分にはどのクラシックドームが最適?

ドームのサイズを選択する際に考慮するべき主な要素は4つあります。

  • ドームの使用目的
  • 設営に利用可能なスペースの量
  • 収容予定の人数と内装品
  • ドームを設置・解体する頻度

サイズ、容量、組み立て、解体時間の詳細については、各ドームサイズの各製品のサブページと技術仕様を参照ください。

Q. 自分にはどの外幕が最適?

F.Domesジェオデシックドームキットには、次の3種類の外幕いずれかが付属しています。

  • 透明なフロントセクションを備えたホワイトカバー(ベイウィンドウ)
  • 完全に白いカバー
  • 完全に透明なカバー

透明なフロントセクションを備えた標準の白い外幕が、お客様の間で最も一般的な選択肢です。外幕タイプを選択する際には、以下の要素を考慮してください。

1.ドームの使用目的

例えば、温室や冬季用の庭を作成する場合は、完全に透明なカバーを選択する必要があります。同じタイプのカバーは、ホットタブ/ジャグジーを覆うキャノピー、ユニークなトレードショーのブースや販売店としてもお使いいただけます。

2.ドームを設置する場所・気候・気象条件

完全に透明なカバーはいくつかの目的には適していますが、特定の用途には適していない可能性があります。透明な膜は太陽熱を多く透過するので、100%透過キャノピーで覆われたドームの内部は日光にさらされるとかなり暖かく(暑く)なります。

3.擦り切れ

カバーのタイプを選択する際に考慮する重要な要素は、ドームを設定したり解体する頻度です。白いメンブレン素材は透明な素材に比べてはるかに耐久性がありますので、ドームを頻繁に組み立てたり分解したりする場合は、完全に白または白+クリアなフロントセクションを使用することをお勧めします。

Q. オプションが付けられないのにグランピングではなくクラシックを選ぶメリットは?

Fドーム・クラシックには、Fドーム・グランピングでは選べない2つの外幕バリエーションがあります。温室や屋外ジャグジーなどに最適な全面透明の幕と、日光を遮ってジムやヨガ、ガーデンシネマを楽しめる全面不透明のホワイト幕です。
また、Fドーム・グランピングのダイアモンド・エントランスではなく、Fドーム・クラシックには大きくて魅力的な丸い入り口を備わっていて、前後2箇所に入り口をつけることもできます。ポップアップショップを企画されている方には素晴らしい機能です。

Q. Fドーム・クラシックにキッチンをつけたいが、安全面は大丈夫?

Fドーム・クラシックは、ヨーロッパを始め世界のほとんどの国でキッチンを設置するのに必要なすべての難燃性基準を満たしていますが、飲食店経営を計画しているならば、実際にドームを使う自治体に条件をお問い合わせください。

error: Content is protected !!