Fドーム・グランピングの基本キット

Fドーム・グランピングの特徴は、正面はパノラマ・ベイ・ウィンドウになっていて後ろにエントランスが配置されていることです。
また、クラシックとの大きな違いはオプションとして内張・カーテン・煙突・ソーラーファンなどを追加することができる点と、外幕のカラーリングが選べる点です。

Fドーム・グランピングの基本キットとは?

ここではFドーム・グランピングの基本キットについてご紹介します。

基本キットに同梱されるもの

  • スチールフレームワーク
  • ネジ、ワッシャー、キャップナット(+スペアパーツ)
  • ねじおよびナット付きの鋼構造脚(20)
  • スチール入口アーチ(4分割)
  • パノラマウィンドウ付き3x換気口と3xアクセサリスロットを備えた外幕
  • 3x明かり取り窓のセット(アクセサリスロット用)
  • 外幕ストレッチシステム:ファスナー付き弾性ロープ
  • ジップドア+アタッチメントストラップ25枚
  • アンカーキット
  • 5xアイボルトのセット(内装用品を吊るすため)
  • F.Domes完全ツールキット
  • ユーザーガイド&インストールマニュアル
  • オプションでいろいろとカスタマイズできることが特徴のFドーム・グランピングですが、基本キットとなっているものを大きく分けると次のようになります。

    フレーム:亜鉛メッキフレーム

    亜鉛メッキを施されたスチールフレームで腐食に強く、丈夫なフレームです。
    色合いはシルバー。
    その他のバリエーションについてはこちらをご覧ください
    Fドーム・グランピングのフレームワーク

    外幕:パノラマウィンドウ・バックエントランス(カラー:ホワイト)



    この基本の外幕には、3箇所の換気口と、3箇所の明かり取り窓が付属しています。


    ドームの外部の空気を中へ、内部の空気を外へと受動的な換気を行う換気口は、外膜上部に3ヶ所あります。
    開口部が自然な空気循環を助け、熱い空気を外に出して冷たい空気を取り込みます。
    湿気を取り除き、湿気やカビの蓄積を防ぐという重要な役割も果たしています。

    明かり取り窓部分は、オプションとして煙突やソーラーファンを取り付ける際に、スロットとして使用します。



    その場合、明かり取り部分が減ってしまうため、明かり取り窓を2箇所追加することができます(詳細:Fドーム・グランピング明かり取り窓の追加


    エントランス:ダイアモンド・ジップドア



    基本セットでのエントランスは、ジップタイプのダイアモンド型エントランスです。

    ドームの2ヶ所いずれかに配置することができます。

    ドーム後ろの右側もしくは左側に、エントランスを位置を選べます。

    また、セキュリティーなどのため、ヒンジ付きのガラスドアを取り付けることもできます(オプション)。



    (詳細:Fドーム・グランピングにガラスドアを追加

    大きさのラインナップと価格

    大きさのラインナップは、20・30・40・50・75の5種類あり、それぞれ床面積(㎡)で異なります。

    【直径】

    • クラシック20・・・5.10m
    • クラシック30・・・6.30m
    • クラシック40・・・7.00m
    • クラシック50・・・8.00m
    • クラシック75・・・9.50m

    【ユーロでの価格】

    • クラシック20・・・3,400ユーロ
    • クラシック30・・・4,440ユーロ
    • クラシック40・・・4,700ユーロ
    • クラシック50・・・6,230ユーロ
    • クラシック75・・・7,340ユーロ

    ※)輸入費含まず

    【ユーロから円へのレート換算】

    Fドーム・グランピングのオプション

    グランピングに特化したドームテント、Fドーム・グランピングの大きな特徴は、オプションを追加することで外装・内装をカスタマイズすることができることです。

    クラシック同様、フレームワークが選べることはもちろん、以下のオプションが追加できます。

    それぞれの項目から、詳細ページに移動します。

    error: Content is protected !!